FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

早川良一郎  「散歩が仕事」(文春文庫)

早川良一郎  「散歩が仕事」(文春文庫)
パンタロンか。そういえば最近聞かないなあ。ピンキーとキラーズのころはパンタロンがものすごく流行っていた。
 丸いエッセイだと思う。経団連事務局で著者は定年退職となる。この事実だけでも豊かなサラリーマン生活を送ったのだと推察される。どのエッセイにも必ずといっていいほど友達がでてきて、銀座のクラブや古美術店などをまわり、充実した生活を送る。そのなかにいかにもハイソサイエティがかもし出すユーモアがある。
 こういうエッセイがいいのだろうなあ。幸せな丸い世界から決してはみでない、道ははずさない。でも、私は毒があって、丸い世界をはみでたエッセイが欲しい。

| 日記 | 17:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT