fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「実感的人生論」 松本清張 

松本清張 「実感的人生論」 (中公文庫)
清張高等小学校時代の担任に中村先生がいた。中村先生は、学校の要請以上に生徒の家庭を訪問した。当時清張の家は貧乏そのもの。なめくじがはいまわっている。畳はささくれだっている。そのすさまじさに先生は最初はたちすくまれた。
 だからといって中村先生は、清張をきたなくいみきらうこともしないし、同情や愛情を他の子供たち以上に清張に注いだこともなかった。普通のこどもとして他の子と平等に扱った。清張はことのほかこのことに感心した。
 よきにつけあしきにつけ、個人を特別にあつかうことの理不尽性。それでへつらう多くの人々。清張作品を読み込むための貴重な視点 平等をこの作品で知った。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| 日記 | 17:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT