FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「史観宰相論」 松本清張 

松本清張 「史観宰相論」(文春文庫)
明治以降、いろんな宰相が日本にはあらわれたが、その礎となり最も宰相の名にふさわしいのはこの本を読むと、大久保利通と山縣有朋となる。
 維新がなって明治時代がくる。しかし、最初のころは、まだ藩主の力が圧倒的に強く、日本の中にいろんな国が存在している状態。
 その藩主に対抗して行ったのが2つ。廃藩置県と徴兵令。廃藩置県は当初領主の数だけ県をつくったが、それを領主の勢力地域とは関係なく現行の府県にした。
 藩主が持っている武士を、無視して国として徴兵を行う。
これらは、中央集権国家を作るとともに、官僚制を敷くことを目的としている。
 山縣は軍隊を作りこれを組織化する。軍隊を政治から切り離し、天皇直属の組織として
思想や国民世論と独立した機関とさせた。さらに、国会の上に枢密院なる組織をつくり
国会で議決した法令を、枢密院で最終採否を決定するようにした。
 また、各地にあふれていた武士たちの失業対策もかね、警察組織を作り上げた。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| 日記 | 17:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT