FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 「火の縄」 松本清張

松本清張  「火の縄」 (講談社文庫)
この小説はよくわからないところが大きなところで3つある。
光秀が秀吉に討伐される経過はよくわかるが、突然章が変わると、秀吉と家康が向かい合い戦いとなる。いわゆる小牧 長久手の戦いである。家康と秀吉が向かい合う背景がわからない。何のための戦なのか。
 細川忠興と鉄砲使いの名人稲富伊賀との確執がなぜ生じるのか。ただ体つきとか
肌があわないだけでは物語としては弱い。
 清張は稲富伊賀を鉄砲技術だけで戦国を生き抜いたが、人間的に救われない人間で、いかにも哀れで切ない人生のように描くが、その技術故、あちこちの大名からは高くかわれ
最後は家康までたどりつく。とても不幸せな人生のようには思えない。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| 日記 | 16:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT