FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 「トモスイ」 高樹のぶ子

高樹のぶ子 「トモスイ」(新潮文庫)
ずいぶん久しく高樹の作品に出合わなかった。高樹は私より少し年上。だけどほぼ同世代。
僕らが高校から大学へ行く頃、アジアはとても遠かった。韓国は朝鮮戦争の名残が色濃く、今の大統領のお父さんが独裁軍事政権をひいていて一般日本人は旅行が難しかった。
 中国は毛沢東の時代。文化大革命。韓国以上に遠い国だった。ベトナムは解放戦争の真っ最中。その余波はカンボジア、タイ、ラオスの国々に広がってていた。
 だから、海外はやはりアメリカでありヨーロッパだった。
 そんな作者が、40年以上も前の、アジアに思いをはせながら、まさに今のアジアに浸って紡いだ短編集である。
 それにしても奥付けをみたら新潮文庫4冊しか高樹のぶ子の本がない。20冊近くは新潮文庫にはあったはず。全部絶版か。さみしい。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| 日記 | 20:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT