fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「佳代のキッチン」 原宏一 

原宏一 「佳代のキッチン」(祥伝社文庫)
原ももう還暦をむかえる歳になったのだか。だから、へんてこな話、尖り狂った話は書けなくなったのだ。さみしいことおびただしい。
 この作品は、なつかしヒッピーが生まれて、消滅してゆく過程がたえずBGMとして流れる。そこが郷愁をそそる。
 京都、松江、盛岡、函館、ニセコといろんなところを巡る。しかし、街や風景が描かれない。別に旅をしなくても東京だけでこの物語は書ける。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| 日記 | 23:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT