FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「渇いた配色」 松本清張 

松本清張 「渇いた配色」(中公文庫)
汚職と競馬の話。
この作品での最大のトリックは、福島の郡山の近く五百川というところで発見されたトランクの中から殺人死体がでてきたのだが、何とそのトランク東京田端駅で殺されてトランクに詰められていた当人が、そのトランクを持って発送人として現れたこと。
 福島競馬のための馬の輸送方法と清張得意の汽車の時刻表とのにらめっこがこのトリックを解読させる。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| 日記 | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT