FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「三面記事の男と女」 松本清張 

松本清張 「三面記事の男と女」(角川文庫)
短編集。
巻頭作品「たづたづし」でまたまたびっくり。課長になったばかりの官僚の主人公が愛人を絞め殺そうとする場所がまた私の故郷長野県富士見町だからだ。
清張は富士見町にも何回か来て犯罪をするには格好の場所だと思ったんだろう。
絞め殺したはずの愛人が、上諏訪の駅の近くの喫茶店で記憶喪失になって働いていることを地方紙で主人公が知り、その喫茶店にゆくところから物語は核心にはいってゆく。

by はなゆめ爺や


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| 日記 | 23:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT