fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

松井今朝子  「非道、行ずべからず」(集英社文庫)

 タイトルの「非道、行ずべからず」は世阿弥が「風姿花伝」で、何かひとつの道を極めようと思うものは、断じて他の道に行こうとしてはならぬという意味で書かれている文からきている。

 物語は、文化6年元旦、江戸最大の劇場中村座が発生した大火により炎上。焼け跡から男の死体がでてくるところからはじまる。その遺体は劇場に出入りしている忠七という小間物屋だった。
 その後、桟敷番右兵次、楽屋頭取中村七郎兵衛が殺害される。

私の子どもの頃人気アニメで「巨人の星」が放映されていた。これが主人公星飛雄馬が一球投げるたびに、その投げる球の意味、どうしてその球を選んだのか、長々と説明、眼が光ったり、球がゆっくりうなり声を発し、えらく時間がかかった。それで30分の番組で、3球しか投げないこともしばしば。やたら進行の遅い作品だった。

 この作品も、3人が殺されるが、真相解明、犯人捜査が全く進まず、ため息ばかりがでるばかりだった。

 しかし、江戸狂言、歌舞伎に登場する役者だけでなく、金主、脚本家、木戸番、大道具方など、その役割とそれぞれの人物の個性が豊に描かれ描写は見事で、江戸演劇を理解するのに大いに役立った。

 それから作品はミステリーにも係わらず、捜査に携わる探偵役が北町奉行所同心の笹岡とその部下見習いの薗部となるところだが、彼らが脇役となり物語が停滞して進まないことにもいらいら感が募った。

 500ページを超える作品で、380ページを超えるところから、急に物語がミステリーの雰囲気に変わり、そこからようやく興奮の連続となった。

 特に、元旦に殺された小間物屋の忠七が、実はかって女形で有名な役者だったのだが、現在の立女形の大役者三代目荻野沢之氶との競争に敗れ、そのまま上方にゆき、行方不明になった袖崎林弥だったことが明かされ緊張感が高まった。

 これに還暦を過ぎた沢之氶が引退。2人の息子市之介、宇源次のどちらが引き継ぐのかが、林弥の殺害と絡む。そして、沢之氶の命を懸けた最後の舞台の演技のすさまじさには読んでいて驚愕し、眼を見張った。

 すさまじい作品だった。

ランキングに参加しています。ぽちっと応援していただければ幸いです。
ランキングに参加しています。ぽちっと応援していただければ幸いです。

| 日記 | 06:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT