fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンソロジー  「決戦!本能寺」(講談社文庫)

 歴史作家が明智光秀について描く。どの作品も本能寺の変について触れているが必ずしもそのことがメインテーマになってはいない作品もある。

 歴史小説は、当たり前だが、すべて起こったことが描かれた史料があるわけではない。だから、その史料の無い部分を、想像を膨らませ描く。その想像力のすばらしさを競うのが作家の力量の優劣を決める。

 明智光秀は比叡山の焼き討ちで功績を信長に認められ家臣となり、近江を与えられる。
その後、大活躍により丹波の国も信長より与えられ大国藩主となる。

 そんな明智が何故謀反を信長に対し働き本能寺の変が起きたのか。
このアンソロジーで、各作家が書いた物語からつまみ食いをすると、なるほどそうなのかと思える物語ができる。

 まず、信長が最も信頼していた光秀をどうして嫌うようになったのか。
光秀は、甲斐の武田との戦いに、当然参加した。そして武田を全滅させ、諏訪の法華寺で祝勝の宴が開かれる。この時告げ口か、実際に小耳にはさんだのか、光秀が自分の活躍により武田を滅ぼしたと言っていることに信長は怒り、宴会の席で、光秀を足蹴り、殴り倒す。

 更に家康上洛のおり、接待役としてすべての段取りを光秀に任したが、この時提供したさしみが腐っていたことに信長は怒り、この時も家康の面前で光秀を足蹴にする。

 そして、光秀の領地、近江、丹波を取り上げ、代わりに、出雲、石見を与えると言う。
しかし、出雲、石見はその時、長州毛利が治めていた。つまり、毛利と戦って、奪い取ったら領地にしてやるというとんでもない話。これで、光秀は、信長を討伐することを決めた。

 では、信長は何故、殺された時、わずかな家来だけで本能寺に宿泊していたのか。
実は、信長は、中国で毛利と戦っている秀吉から支援を強く要請されていた。すぐ、中国に出陣する準備をして、出陣するばかりだったが、信長が欲しくてしかたがなかった名物茶器「楢柴肩衝」が手に入れることができるという情報がはいり(これは明智が茶器所有者と仕組んだという話もある)、それで兵だけは先に秀吉のもとに行かせて、自分は京で茶器を手に入れるため一泊することを決める。

 茶道、茶器狂いが信長の死を決めた。

 作家も面白い想像をするもの。その想像は真に迫っていた。

ランキングに参加しています。ぽちっと応援していただければ幸いです。
<

 

| 古本読書日記 | 06:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT