FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「群青に沈め」 熊谷達也 

熊谷達也 「群青に沈め」(角川文庫)
浅田次郎の「終わらざる夏」は、むきむきの反戦平和小説。だから、現実を離れて特別の視点からの会話やプロットが創られそれが鼻についてちょっと読んでいて引いてしまう。
熊谷のこの作品は特攻人間潜航艇魚雷に選ばれた17歳のそのままの姿を描く。反戦とか平和などの主張を徹底的に隠す。
 死ぬために訓練を続け、特攻を実行しないまま、終戦を迎える。昨日まで死ぬのが当たり前のことだったのに、死ななくても良くなる。そこでむかえる強烈な虚無感を描く。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 日記 | 11:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT