FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 「ハイ フィデリティ」 ニック ホーンビィ

ニック ホーンビィ 「ハイ フィデリティ」(新潮文庫)
人生の上で絶対やってはいけないこと。
a恋人とわかれ、b大学をやめ cレコードショップで働きはじめ dその後レコードショップでずっと働き続ける 主人公ロブが歩んできた道。
かっこよいつもりで大学をやめ、かっこよいつもりで凝ったレコードショップを開き働く。
夢のような生活が待っているはずだった。気が付けば10年以上同じ暮らしを続け、今でも変わらずレコードショップで働いている。もう少しで36才になるというのに。
 学生時代、最先端の服装で最先端の音楽に狂っていた仲間は、大学を卒業して確固たる社会人の道を歩む。そんな連中と昔のように遊んでも、会話の中味がわからない。だれもレコードの話題なんかしやしない。遊びや仕事でみんな海外に行ったことがある。ロブは海外どころか北ロンドンを毎日歩き回っていただけ。飲んだ最後はみんなタクシーで帰るが、そんな金がないから深夜定期バスを暗い停留所で待つ。
 10数年仲間は変わったのに、ロブだけが全く変わらずこれからも変わりそうもない。
だから恋人ローラにしがみつく。ローラ、青春時代クラブで知り合った同じ仲間のなかにいた
。でも、今は弁護士。全然違う世界に生きている。でそれであっても、ローラは失えない。だってローラを失ったらもう恋はないだろう。そうすると、ずーっと死ぬまでたった一人で過ごさねばならないから。
 ローラのロブへの言葉が厳しすぎる。
「あなたは昔とまったく同じひとよ。靴下だって何年もたてばあなたより変わるわ。」

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 日記 | 13:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT