fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

堀川アサコ   「おちゃっぴい 大江戸八百八」(角川文庫)

 連作ミステリー集。どの作品もよく考えられていて佳品ばかりになっている。
特に2作目「太郎塚」はできが他作品より抜きんでている。

 薬種店の結城屋。大きな屋敷と3つの蔵、それに庭園。そして庭園の隅に謎と言われている太郎塚。

 結城屋の今の主人は由十郎。実は由十郎は次男坊で、由十郎の前の主人は長男の長兵衛。

長兵衛は、少し変わっているところもあるが、人当たりもよく、頭脳明晰で結城屋の商売を大きくした。しかし生きたミイラを発見して新しい薬を作ると言って山の中にはいり、猪の牙に突かれて、大けがをする。

 この時女房のおシゲが長男太郎を産む。手代の与茂吉が、赤子の長男の肝臓を取り出し児肝という薬を造り、これを長兵衛に飲ませ、長兵衛を救う。妻おシゲは産後の肥立ちが悪く死んでしまう。

 自分の長男から肝臓をもらう。長男を犠牲にして、生きることができた、長男だけでなく愛する妻も失う。これにショックを受けた長兵衛は庭の隅に掘っ立て小屋を造り、完全に小屋に引っ込んでしまい店の主人をやめる。それで庭の隅の塚を太郎塚と言う。

 ある日、謎の無名居士という男が、江戸の剣道場六道館にシゲという子を連れてやってくる。シゲは捨て子。是非面倒を見てほしいと。六道館は捨て子や孤児を多く引き受けていた。

 ヤンチャ坊主になったシゲは子供のいない、結城屋に養子として引き取られ名前はシゲでは無く、亡くなった太郎に改名させられる。太郎は実に優秀で、主人由十郎は自分の後継者にするべく育てる。

 その無名居士がまた結城屋にやってくる。無名居士を見てびっくり、それは何と手代与茂吉だった。与茂吉は驚くことを言う。

 実は長兵衛に処方した薬は、太郎の肝臓から作ったのではなく、猪の肝臓から作ったもの。生まれたばかりの赤子は与茂吉が引き取って亡くなった母親のためにシゲと名前をつけ、旅に連れて歩き、やがて六道館にゆくゆくシゲは結城屋に引き取ってもらうことを条件に預けられる。

 それぞれの出来事が鮮やかにつながり見事。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ<

| 古本読書日記 | 06:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT