fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

知念実希人   「誘拐遊戯」(実業之日本社文庫)

4年前、「ゲームマスター」と名乗る男から、中学生の少女を誘拐したと電話が警察にある。

この「ゲームマスター」との交渉役にあたったのが当時警視庁刑事上原慎吾。この「ゲームマスター」の次々の指示についていけなくなって、少女は殺害され、その後の捜査で「ゲームマスター」も見つかるが、すでにその時、「ゲームマスター」は首をつって自殺していた。

 上原刑事は自殺したのは「ゲームマスター」では無いと思い、真の「ゲームマスター」を捜索することを決意する。しかし警察としては事件は処理済みになっており、警察として継続捜査はできない。それで仕方なく上原は警察を退職して一人で捜査を行う。

 そして4年後また「ゲームマスター」と名乗る人間が、貿易会社社長の高校生の娘を誘拐する。そして「ゲームマスター」は交渉役として、もう刑事ではない上原を指定する。
 そして上原はまた「ゲームマスター」の指示についていけなくなり、高校生の娘は殺される。

 「ゲームマスター」はいったい誰で、何故交渉相手に上原を指名するのか、謎のまま、緊迫した物語が展開する。

 そして、「ゲームマスター」は読者がとても思いつかない人物が上原の必死の捜査でみつかる。私も驚く。そして素晴らしいミステリーだと感動する。

 ところが作者知念はさらに別の結末を用意していた。「ゲームマスター」は更に驚かされた人間とは別の人間だった。
しかし、この別の人間だった結末は平凡。急に興奮がしぼんだ。最初の「ゲームマスター」で物語を終了しておけば、大拍手だったのに。もったいないことをした。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ<

| 古本読書日記 | 06:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT