FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日の一冊 「奥羽の二人」松本清張

松本清張 「奥羽の二人」(講談社文庫)
戦国歴史物短編集。
「背伸び」が面白い。安岐の国の城主に武若というひとがいる。この人大内義隆に滅ぼされ、僧侶となりえけいと名乗る。えけい仏教を真剣に学びその学識をもって毛利元就につかえる。織田信長や足利義昭らとの交渉ごとを見事におさめ、毛利でまた武士に登用され伊予2万2千石が与えられる。しかし彼の交渉は、毛利と対するときは毛利が望むようなことを言い、信長のあとの秀吉にたいするときは秀吉の都合のよいように戦略を提案する。
 毛利と秀吉の間をサーカスのようにふるまう。
で結局、どちらつかずが裏切りものとなり、秀吉に首を斬られる。そのとき、武士なるもの腹をきめ首を堂々とはねられるものなのだが、一太刀めで首をひっこめ、2回目で首がはねられる。ここのところが面白い。
 会社のなかにこんなやつがいて、出世もときにするが、これほどの馬鹿はいないということを清張は言いたいのだと思う。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 日記 | 15:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT