FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日の一冊 「異変街道」松本清張

松本清張 「異変街道」(上)(講談社文庫)
松本清張 「異変街道」(下)(講談社文庫)
導入部が秀逸。幕府直轄甲府勤番の鈴木栄吾が病死した。病死したはずの栄吾に身延山にお参りに行った水茶屋の主人が出会う。出会ったことを何人かの人にしゃべると、周仁は水死体で発見される。ここから息をもつかせない物語が展開。青日神社に飾られている不思議な模様の絵馬。老中になるためにどこから調達するか不明の金塊を現老中に差し出す
山根甲府守。これに武田家滅亡の秘密がからむ。岡っぴき、旗本、女朗、神主、きこり、百姓がいろんな場面で登場。一気に最後のクライマックスまでもっていかれる。
 素晴らしいエンターテイメント小説。清張は武田信玄、武田家に強い興味を持っている。
確か2冊小説も書いている。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 日記 | 16:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT