FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日の一冊 「隠花平原」松本清張

松本清張 「隠花平原」(上)(新潮文庫)
松本清張 「隠花平原」(下)(新潮文庫)
新興宗教団体がでてくる。怪しいし疑惑だらけ。身延の奥の西山という部落で、下界と完全遮断して信者を滝打ちなどの教錬したり。信者からお金をつのり、そのお金を使って、土地と家を提供し、理想の極楽地をつくってあげることを約束。しかし、約束は反故にされる。資金繰りがつかず破たん寸前の団体等。
そこに引き込まれ読み進む。でも結局新興宗教団体のあやしさは追及、解明はなされず。
銀行の会長が作った3人の異母兄妹の骨肉の争いで物語は終わる。宗教団体は、どうも読者の興味をひっぱるための材料に使われていたように感じられる。ちょっと尻すぼみ。
 最後の終わり方も凝りすぎで納得感がない。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 日記 | 13:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT