fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

剣客商売3 陽炎の男

「お覚悟は?」
「まぁ、やってみましょう」
「大治郎どの……」
と、そこまではいかめしい男ことばであったが、つづけて、
「お気の強いこと」
と、いった三冬の声は、女そのものであった。

という具合に、三冬が女らしくなっていきます。
物語開始時は十九歳で、作中ではちゃんと時間が流れますからね。
いつまでも、さっぱりとした姿の青年剣士って感じじゃいられない。
脱ぐと、意外と肉置きが豊かで、むっちりしているらしいです。

IMG_0034-1.jpg

これはブックオフで買ったんですが、次の巻はありませんでした。
なので、続きはTSUTAYAで定価購入💸

| 日記 | 00:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT