FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊集院静   「女と男の品格」(文芸春秋)

「週刊文春」で伊集院が担当している「悩むが花、大人の人生相談」を抜粋収録している。

福山雅治が結婚したニュースのあった日、家に帰ると妻がショックを受けて寝込んでいて夕ご飯を作ってくれない。おまけに一週間「喪に服す」と言って家事を全く放棄する。こんなことが許されるか。こんな怒りの相談。

 これ本当に送られてきた相談?編集者が勝手に作っているんでは?疑問を持ちながら読むと、どうやらフェイクでは無くすべて実際に送られてきた相談らしい。

 多くはこんな類。伊集院もいやにならなのかなあと思う。伊集院も、真剣に相談に向き合うというより、殆ど感想だけをのべている。だいたい相談なんて、自分で解決するしかないし、伊集院が言う様に、大きな苦しみでも時間が解決してくれる。

 夫の実家に行くたびに、義母さんから、「早く孫の顔がみたい」と言われる。夫は淡泊で、自分が誘っても応じてくれない。義母さんは○○ちゃんは繊細だから、あなたからムードを盛り上げてなどと言う。「オメーの息子がヤル氣がネエーのに、孫ができるわけネエーだろ!」と口にでそうになるが、それを言っちゃおしまいとぐっとこらえる。どうしたらいいのか。

 結構伊集院は真面目に答えているが、答えの前に言っている冗談のほうが素晴らしい。これを答えにした方がよかった。
「競輪選手ならあと一周と半鐘を叩きまくりゃ、皆一斉に動き出す。ベッドに半鐘をおいて叩きまくりゃどうかな。

 感動的回答だ。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ<

| 古本読書日記 | 06:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT