FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真山仁     「雨に泣いてる」(幻冬舎文庫)

 主人公の大嶽は毎朝新聞の記者。2011年3月11日に東日本大震災が発生。その取材に山形を経由して、最大被災地宮城県の三陸市にはいる。

 実は、大嶽は阪神淡路大震災も経験して取材もした。そのときキャップだった先輩真鍋にきつく言われた。

 人助けのために記事を書くんじゃない。俺たちは、目の前に起きていることを読者に伝えるためにいるんだ。それに徹しろ。感情移入なんてするな。

 この考えが染みついている。
作品は、大きな惨状を、この信念に基づいての描写がずっと続く。状況を客観視しているため、淡々と描写され、リアル感が殆どない。

 真山と言えば、ドキドキハラハラさせる物語が信条の作家。こんなドキュメンタリー調の描写が続くのかとがっかりしていた。

 この物語、たまたま松本という新入記者が、別件で三陸市取材中に大地震に遭遇。しかも松本は新聞社社主の孫娘。

 この松本が大津波にあい、逃げ道を失う。そのとき心赦という少林寺の和尚が手を引き助けてくれる。松本は助かるが、心赦は津波に巻き込まれ死んでしまう。

 心赦和尚は、「七転び八起き」という塾を主催して、多くの自殺志願者を救ってきて、地元だけでなく全国でも名僧として有名だった。

 ところがこの和尚、10年前裁判官夫婦を殺害して逃亡している元警察刑事ではないかと主人公の大嶽は疑う。そして前部下を使いながら極秘捜査をして、ほぼ殺人者であると確信する。

 この捜査の過程と逃亡者だと確信するまでが面白い。大スクープだ。でこれを記事にしようとする。
 そこからが真山の真骨頂。いくら殺害者といっても、多くの自殺志願者を救ってきた名僧。
しかも社主の孫娘を死をかけて救っている。

 新聞は感情をはさまず事実を伝えるもの。編集局長も名僧が殺人者であることを一面トップにしようとする。しかし社内にはひたすら上におべっかを使う人間がいる。社主に密告して、スクープを記事にさせないようさせる。そうこうしているうちに、ライバル紙が毎朝新聞をだしぬいて記事にする。これに救出してもらった社主の助けてもらった名僧の真実は記事にしてはならないと孫娘の松本も加わる。そして極めつけは真犯人は俺だというものまで現れる。

 社内、社主、孫娘、ライバル紙の思惑が激しく交錯する。ここの描写はさすが真山とうならせる。最後の盛り上がりは見事だ。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 06:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT