FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高橋克彦    「紅蓮鬼」(日経文芸文庫)

 日刊ゲンダイに連載されていた作品。

延喜八年(九百八年)志摩の国賢島で8人の男が惨殺される事件が起き、その半月後榛原の山村で5人の男が惨殺される事件が起きる。いずれの事件も男根が食いちぎられていたり、ねじあげられていて、殺人現場には年端も行かない女の子が残されていた。この事件の調査をしたのが、この時代内裏から任命された主帳という役の賀茂忠道と書生の清貫。

賀茂家は内裏の陰陽寮を主導していて、このころよく出没していた鬼について研究、鬼の魔力を打ち破る術を習得する筆頭家だった。今回の事件も鬼が起こした怪奇事件として忠道が解決のために任命された。

しかし忠道は、捜査の過程で行方不明となる。その間に更に女性と男2人が殺され、忠道が犯人ではないかと疑われる。
その時、忠道は大宰府にいた。5年前に菅原道真が謀反により流罪された地だ。ここの荒れ寺で大雨の日、祈祷を忠道がすると、生きた泥人形が現れる。これが怨鬼。怨鬼は菅原道真を左遷した勢力に強烈な恨みを抱き、妖術を駆使して左遷勢力を殲滅しようとする。

忠道と泥人形が京にでて、道真を追い落とした中心人物、好色の右大臣藤原茅根の帰宅途中、牛車のなかで女と遊んでいるところに雷雨をあびせ、茅根を殺害する。

 殺害は道真流罪を恨む鬼によってなされたとの噂が広がり、恐怖に感じた左大臣藤原時平は部下の三善清行に真相をつかむよう指示する。三善は自分にすべて任せてくださいと時平に言い、怒霊、陰陽道における術を持つ日蔵に調査と鬼退治を命じる。

 更に零落する賀茂氏の復活をかけて忠行、忠道の祖父忠峰が彼らの弟子の香夜とともに摂関政治権力藤原氏に対し立ち上がる。

 忠道 泥人形と忠行、忠峰らち、藤原派遣の日蔵の妖術対決がクライマックス。

鬼は目に見えるものではなく、人の心に入り込んで人を支配するもの。今は存在しないものとして思われているが、平安時代の権力争いは鬼の対決が当たり前。新型コロナとか毎年起こる大災害に接すると今でも鬼はいて、人間は鬼との戦いを続けているのかもしれない。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



| 古本読書日記 | 06:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT