FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

司馬遼太郎  「本郷界隈 街道をゆく三十七」(朝日文庫)

 本郷は明治政府が、ここに日本最初の大学を創設して、日本の学問の地として存在を示した。東京大学だ。この大学に学んだ俊英たちは、この近くに宿舎を持ち、最高学府の学生の街となった、

 日本文学の新しい夜明けは、漱石から始まった。そんな固定観念が刷り込まれているといつも不思議に思っていたのだが、樋口一葉は漱石がいながら、何で読みにくい擬古文で物語を書いたのか。

 よく調べてみると一葉の「たけくらべ」「にごりえ」は、明治28年に発表された。漱石の「吾輩は猫である」は明治38年の発表。一葉の作品のほうが漱石よりだいぶ前に発表されていた。一葉のころは文語で物語を書くのが一般的だった。

 漱石は本郷の炭団坂を上がったところに下宿していた。一葉は炭団坂を下った長屋に一時期住んでいた。

 一葉の父樋口則義は、甲州で農民だったが、妻と一緒に出奔して江戸にやってくる。そこで武士の株を購入して、身分が武士となり明治政府の下級役人となる。

 一方漱石の父親夏目直克は江戸幕府の下級武士として、同心をしていてその流れで明治政府下、東京府で警察官をしていた。

 驚くことに、直克の部下に樋口則義がいた。
則義は、しょっちゅう直克にお金を無心していた。しかし、貸したお金は返ってくることは無かった。

 その時、漱石に縁談の話がもちあがった。則義の娘一葉は才媛で、漱石の嫁さんにどうかと。
 しかし直克は、「あんな金に汚い男の娘をもらうと、もっと金をせびられる」と話を無しにした。

 びっくりした、一葉と漱石が結婚していたら素敵だったのに。2人の子供だったらものすごい作家が誕生してたのではと思ってしまう。しかし一葉は短命で終わったから無理だったかな。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT