FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

堂場瞬一   「垂れ込み 警視庁追跡捜査係」(ハルキ文庫)

 追跡捜査係というのは、犯人がつかまらないまま捜査が打ち切られた後、捜査を引き継ぎ行う部署のこと。迷宮入り状態の事件を捜査追及する部署である。

 その係の沖田のところに、15年前上野で起きた通り魔殺傷事件について話したいとの電話がくる。ところが待ち合わせ場所に通報者は現れない。しかし、しばらくするとまた彼から電話がくる。そのとき彼は山岡と名乗る。新百合丘駅で待ち合わせたが同じようにすっぽかされる。

 交番で山岡という男の住所を確認。山岡の住む一軒家を発見する。

  10年前新宿でも同じような通り魔殺傷事件が起きていた。当時捜査に当たった元刑事によると、やはり上野事件と同じように垂れ込みがあったが、垂れ込み者との接触はできなかった。

 沖田は近所の聞き込みから、山岡が大手食品会社LGフーズの宣伝課長だと知る。
そしていよいよ会社に乗り込み山岡を追求しようと思っていた矢先、この山岡が殺害される。更に池袋でも通り魔殺傷事件が起きる。

 堂場の物語にはミステリー謎解きを求めてはいけないと再確認した。

  これらの多くの事件。山岡の周囲の人間を調べていくことで、犯人らしき人間が浮上してくる。しかし、結局は謎解き証拠の発見もなく、拘束した人間を取り調べすることで犯行自白を得て逮捕となる。

 その動機も、普通のサラリーマンにも拘わらず、誰でもいいから人を殺したいという衝動を抑えきれず犯行を実行したと。

 堂場は、どんな人間にも犯罪を犯したいという心の闇を抱えているということを作品で言いたかったのだと思う。

 しかし、たくさんの殺傷事件が起き、これはどうなるだろう、それぞれの事件のつながりはと読者の興味を高めた上での、自白させたという結論は無いだろう。完全の肩透かしだと思った。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT