FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山田宗樹    「きっと誰かが祈ってる」(幻冬舎文庫)

 DV、貧困小学生、現代の問題を扱っている。山田宗樹の作風だと、少し暗く重い基調になりそうだが、極めてテンポよく描かれ、読者の気分を暗くすることなく、作品が創られている。

 主人公の島本温子は乳児院「双葉ハウス」に看護師として勤めている。11年目でベテランの域にはいっている。

 乳児院とは、この世にうまれてきた子供を、何らかの理由で親が育児養育ができなくて、収容する施設のことである。乳児院は法律上0歳から2歳までの子を収容する。2歳を過ぎると、児童保護施設に収容されるか、親の育児環境が整ったと判断されれば親元に帰すか、あるいは里親がみつかり引き取られるか、いずれかになる。

 多喜は、温子が施設で働きだして、初めて育児を担当した子だった。2年後に里親となった樫村夫妻に引き取られた。引き取られるとき、温子は泣きながら樫村夫妻の正面にたちはだかり、連れて行かないように懇願した。一旦引き取られた子供と関係をもつことは禁じられている。養父母と看護師の間にトラブルを引き起こす可能性があるからである。だから、多喜とは偶然が無ければ生涯の別離ということになる。

 新人の寺尾早月が担当している幸太が里親に引き取られる。そのことが早月に衝撃を与え早月が双葉ハウスを辞めるといいだす。そんな言い合いが、温子に多喜を思い出させる。

 多喜は幸に暮らしているだろうかと思い、樫村多喜でネット検索をすると、何と多喜は3年前父の運転する車が交通事故に遭い、両親は即死、多喜も重傷を負い病院に運ばれたという記事をみつける。

 いろいろ調査して、多喜は母方のお祖父さんに引き取られ暮らしていることがわかる。ところがこのお祖父さんがここ半年姿が見えないことを知る。お祖父さんの家では久野浪江というおばさんが多喜と一緒に住んでいた。この浪江がひどい。多喜にショッピングセンターで化粧品を万引きすることを命令する。また内縁の男がいて、しょっちゅう多喜に暴力を振るう。お祖父さんが風呂場でショック死をする。倒れたときに病院に駆け込めば助かったかもしれないのに、浪江と男は放っておく。その死体を内縁の男がどこかえ運んで埋めてくる。

 お祖父さんを生きていることにして年金を取得するためだ。この現場をみて多喜は緘黙症になりしゃべれなくなる。

 更に男は客を集めて多喜にヌード撮影会のモデルを強要する。

追い詰められた、極貧の多喜を、温子が、小林巡査、熱血漢の市役所の近藤とともに、魔窟から多喜を救い出す。この場面が読みどころ。

 温子の多喜への溢れる愛情に裏打ちされた熱い行動に胸がうたれる。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 06:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT