FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

松本清張   「疑惑」

爺やの感想はこちら

きっかけは、Suites-women.jp というサイトで連載されているコラム。
「70代無職の父親が、40代女性と不倫して家を出て行ってしまった。
 40年間尽くしてきた母親はショックで向精神薬に頼る状態。
 一等地に家を持っているから狙われたのだろう。入籍されたら大変。
 息子(30代)が相手の40代女性に会ってみたら、泣きながら謝るので、
『そんなに悪賢い人間に見えなかった』という感想」
それをうけて筆者が、
「相手の女の身上調査をした方がいいとアドバイスしました。
『松本清張サスペンス』みたいな事って、現実にも起こるんですね……。
清張といえば、『疑惑』の悪女・球磨子

IMG_0182.jpg

さて、「疑惑」です。殺人事件はすでに起きた後です。
「もし球磨子が無罪だったら、釈放されたら、
 犯人だと決めつけ煽る記事を書いた俺に、お礼参りをするだろう」
と新聞記者が追い詰められていくのがメインです。
邪魔な子供を捨てたり殺したりするよう旦那に促す嫁(鬼畜)や、
殺した男を肥料にするケチで不細工なOL(鉢植えを買う女)のような
ヤバさはないです。
記者がビビっているだけで、悪女は前面に出てきません。
途中で嫌な予感はしたんですが、真相不明のまま話は終わります。

併録の「不運な名前」も、自説が披露される(推測合戦)だけで、真相不明。
日本の銅版部署の人が腕試しで作った偽札が出回っただけで、
熊坂長庵は冤罪だし、井上馨がドイツで偽札を作ったわけでもないってこと……かな。
ねえやのオツムでは難しかった。

| 日記 | 22:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT