FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

司馬遼太郎    「覇王の家」(上)(新潮文庫)

 家康の誕生から、関ケ原の戦い直前までを、家康視点で描く。上巻は、信長が明智光秀に本能寺で殺害され、秀吉が台頭してくるまでを描く。

 上巻では家康の嫡子である信康の悲劇が印象に残る。

 家康の生まれた三河の国は、西に織田、北に当時最大の勢力があると言われた武田信玄、東に今川と巨大勢力に囲まれていた。だからどこからでも攻め入れられる恐怖を抱えていた。

 特に北の武田は強く、侵入に対抗するため、駿河を治めている今川とは同盟を結んであおく必要があった。戦国時代は同盟を結ぶためには、領主や領主の腹心の家族を人質として差し出すことが頻繁に行われた。

 このため家康は、駿河の今川のもとに幼少時預けられる。また今川からは腹心の関口親水の娘築山殿が家康の嫁として差し出される。築山殿は家康の次男で嫡子となる信康を生む。更に後年、織田信長も徳川を警戒して娘徳姫を秀康の嫁として差し出す。

 桶狭間の戦いで今川は織田・徳川連合軍に敗れ無くなる。築山殿が悲劇だったのは父関口親水が織田軍に寝がえり実家を失ったこと。

 行き場の失った築山殿は、息子秀康を巻き込み、甲斐の武田勝頼と内通し、信長殺害を実行しようと考える。

 このことを家康の腹心である酒井忠次が、信長へ使者として赴いたときに口をすべらす。
信長は2人を殺せと命令する。これを聞いた家康は3日間悩むが生き抜くためには選択の余地は無いと息子の殺害を決断する。

 妻である築山殿は浜松の冨塚というところで、2人の武士によって殺され、信康は家康が派遣した介錯人により、浜松郊外の二俣城において自害のはて首を刎ねられる。

 信長による究極のいじめ。これを本当に受けざるを得なかったのかとは思うが、息子を殺害せねばならなかった家康の胸のうちを想うと、無情の風が私の心を吹き抜ける。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 06:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT