FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

司馬遼太郎   「城塞」(下)(新潮文庫)

 家康の謀略。豊臣側との和議の中で、豊臣側に2藩の領地を与えるという約束をなかなか守られない。しびれをきらした豊臣側が領地の話を決定するよう家康に迫る。

 じらしにじらして、家康は房総(千葉県)の2藩を与えると通告する。
豊臣側は今の大阪か、少なくても馴染みのある近畿の藩がもらえると思っていた。

房総は全く未知の土地。しかも周りから攻められたら、海に逃げるしかなくなる。とても提案は飲めない。

 そこで、追い詰められ戦うしか無いという姿勢に転ずる。しかし、今や和議により、城壁、内堀、外堀は無くなり、大阪城は攻め入ることができる裸の城と化してしまっている。

 そして最後は、淀君、その周りの女性たちや秀頼のいる館を、スパイによる情報で特定し、そこに火を打ち込み、燃やす。閉じこもった豊臣側の人間たちは全員自害する。

 この物語で、もうひとつよくわからなかったのが、真田幸村、加藤又兵衛など牢人部隊。

淀君たちが家康の和議を受け入れ、内堀、外堀を埋めてしまう。それをすると、豊臣側が負けることが明白になる。それで牢人たちはそのことを猛烈に反対するのだが、淀君たちは拒否する。

 幸村も又兵衛も、豊臣側につくことに何の義理もない。負けることがわかっている戦になぜ最後まで戦いぬいたのか、そこがこの物語では説明されていない。その疑問が残ってしまう。

 徳川のスパイだった小幡勘兵衛。スパイだったことがばれて、最後は徳川側に逃亡する。
この勘兵衛、徳川側スパイなのだが、豊臣側へのシンパシーもあり、心が揺れ動く。

 そして、徳川が敗れ、また以前のように戦乱の世になることを望み、そうなれば、自分が天下をとり、日本を支配することを夢見ている。

 一介の浪人がそんなことが実現することなど考えられない。しかし、秀吉がそうだったようにその当時の世の中はそんな夢がかなえられると思わせてくれる時代だった。

 豊臣が徳川に敗れ、そんなことが思える時代は完全に終わった。
「城塞」を読んで、確かに一つの時代が終わったことを深く実感した。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


  

| 古本読書日記 | 06:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT