FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

司馬遼太郎   「城塞」(中)(新潮文庫)

 主に冬の陣が中巻では描かれる。

淀君は、関ケ原では家康に負けたが、世の中は家康に対し逆風。いずれ戦いになれば、反対大名が味方につき豊臣家と一緒に打倒徳川で戦ってくれるものと信じていた。秀吉の息子秀頼が右大臣で徳川秀忠は内大臣。位は豊臣秀頼が上、徳川秀忠は秀頼の家来、いずれ秀頼に将軍が移譲され豊臣天下が復活すると考えていた。

 冬の陣を戦う前に、執権の大野修理は、西国を中心に豊臣側につくよう要請状をだした。しかし家康はスパイより要請状のことを聞き、絶対に要請に応じてはならない、その場合は藩をとりつぶすと手紙をだす。そして豊臣側につく大名は皆無となった。

 そこで仕方なく、領主につかない彷徨っている浪士を徴募する。これに部下の兵士をつけて応募していたのが真田幸村や加藤又兵衛などの浪士たち。

 しかし、徳川と戦うための総大将がいない。織田信長の第十一子の織田有楽が候補になったが、有楽は文化人で軍を率いるリーダーにはなれないし、自らも断る。

 余談だが、有楽町という名前はこの織田有楽からきている。

 冬の陣では、又兵衛や幸村の類まれなる戦法で、徳川にたいし勝利を勝ち取ってゆく。
そこで家康は、淀君や侍女たちが生活している館に集中して砲弾を浴びせる。

 これに震えあがった淀君。

家康は頃合いをはかって、淀君に和議を提案する。
 ①秀頼の命は保証する。領地を2藩分与える。
  但し、謀反の動きがあると、この和議は無効となる。
 ②豊臣側に敵意が無いことを証明するため、城壁は壊し、外堀、内堀は埋める。

幸村や又兵衛は和議に反対したのだが、女性たちと大野修理は、恐怖ゆえ和議に応じることを決める。

 そして、家康はスパイを使い、豊臣側が謀反を働かざるを得ない状態に追い込んでゆく。

 全く家康は悪の権化のように描かれる。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



| 古本読書日記 | 06:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT