FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薬丸岳    「ラストナイト」(角川文庫)

 読み終わった後、茫然となり頭が真っ白になった。薬丸作品は鋭く深い。

東京赤羽で飲食店「菊屋」を営んでいた菊池は、店の常連だった片桐と仲良くなっていた。
片桐はやがてホステスだった陽子と結婚し、2人でおなじような店をだすと楽しそうに語り合っていた。

 そんなある日、菊池が用事で外出中に、暴力団員の梶原が店にいちゃもんをつけにやってきて、菊池の妻美津代を襲おうとする。止めにはいった片桐が、梶原をナイフで傷つける。

 片桐は逮捕されるが執行猶予となる。片桐の逮捕により、陽子は片桐と別れる。この時片桐と陽子の間にはひかりという子供がいた。

片桐に悪意を抱いた梶原は、陽子を拉致して、麻薬漬けにする。陽子は気がおかしくなり、マンションのベランダから飛び降り自殺をする。
片桐はこの事件で、実刑判決を受け、刑務所に収監される。

 そこから片桐がしょっちゅう事件を起こし刑務所にはいることを繰り返す。しかも顔を変形させるために顔に刺青を掘る。更に、工場勤めをしてわざと腕を切り落とすという異常な行動をする。

 片桐は、梶原が収監されている刑務所に自分もはいりそこで復讐しようと考えた。そのために顔を変形させ、腕を切断したのは梶原の刑務所を絞り込むために行っていた。

 荒木という男が登場する。
荒木は結婚したが、子供ができて、妻との間がおかしくなり、ギャンブルにおぼれ、お金がなくなり、空き巣を働き逮捕され、そのことで離婚をさせられた。

 荒木は、離婚後も元妻の実家に、元妻あての年賀状を送っていた。返事は一度もこなかった。そんな元妻から突然連絡がある。子供がガンにかかり、入院治療費が不足するので助けてほしいという。

 荒木にも金は無い。それでドラッグストアを襲う。お金はせしめたが、もう近くまでパトカーが来ている。だめだと観念したところへ、男が現れ、強制的に服を交換させ、逃げるように指示される。

 翌日荒木はドラッグストアで強盗があり片桐という男がその場で逮捕されたという記事をみる。荒木は元妻のところへ行き、お金を渡す。死にそうなっていた息子は「お父さんに会いたかった。」と言って3日後に亡くなった。

 他人の起こした事件の犯人になりすましてまで、梶原の収監されている刑務所を突き止めようとする、恐ろしいまでの片桐の執念。

 その迫力に読んでいる私が重圧で押しつぶされそうになる。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 06:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT