FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

垣谷美雨   「農ガール 農ライフ」(祥伝社文庫)

 垣谷さんの作品は、どれもそうだが、垣谷さん自身が体験していないと、とても描写できないほど中身が濃く、リアルでいつも成るほどそうなっているのかと感心してしまう、

 主人公の水沢久美子は32歳で独身。突然派遣切りにあい、更に長い間同棲していた恋人から「結婚したい人ができたから部屋をでていってほしい」と告げられ、失意のどん底に落とされる。

 そんな時、偶然見たテレビ番組で、若いひ弱な女性が、農業ガールとして楽しく充実した人生を送っているのを見て、これだと思い、田舎に引っ越し農業大学に入学、農業人生をスタートさせようとする。

 当然、田舎では就農者はどんどん減り、高齢者しかいなくなる。だから、あの手この手で農業に関心のある人を呼び込み、いろんな特典も与えて、田舎町に人を呼び込もうとしている。こう一般的には想像する。しかし、どうも実態は異なっているようだ。

 久美子が市役所主催の就農説明会にやってくる。

そこで、就農者を増やすべき農業委員が皆の前で言う。
 「就農に必要なことは、まず強靭な体力です。」
久美子は驚く。テレビではひ弱な女の子が農業を楽しそうにやっているのが映されていたのではないか。

 更に委員が続ける。
「次に、女性はできません。女性は嫁さんになってください。」
「さらに、独身男性もだめです。農業は家族全員で行わねばとてもできません。独身男性では無理です。」
「それから、有機農法はだめです。我々が欲しいのは趣味の農業者ではありません。経済農業ができる人が欲しいのです。」

 マスコミやテレビでの田舎ライフとは全然違う。

それから、更に驚くのは、あたり一面耕作放棄地があるのに、地主が貸してくれないのである。自分たちが汗水たらして農業をしてきた愛着ある土地で他人に作物は作ってほしくないとか、この付近に開発計画が起こって、高値で売れるかもしれないと理由をつけ土地を貸さないのである。

 久美子が知り合った年寄りの一人暮らしのお祖母さんの冨士江がしみじみ言う。
「この大根だって、50年で50回しか生産できないんだよ。こんな効率の悪い仕事は無いよ。」

 ずしんと心に落ちてくる言葉だ。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



| 古本読書日記 | 06:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT