FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

井沢元彦   「日本史の叛逆者 私説 本能寺の変」(角川文庫)

 井沢元彦は、それまで通説、常識とされていた歴史的事件、事象を別の角度から検証してその真実を追求する。そして、通説や権威に歪められていた真実を暴いてきた。出版する本の多くがベストセラーとなる。今でも続く「逆説の日本史」シリーズで名をなした歴史家であり作家でもある。

 一方、あの時、もし違った事象になっていたら、歴史はどうなっていたかを想像して作品に仕上げる「反逆者シリーズ」をものにしている。

 本作は、その「反逆者シリーズ」「私説 壬申の乱」に継ぐ2冊目の作品である。

今まで、私は歴史についてあまり関心が無かったが、ここ最近歴史に関する本を集中して読んでみると、歴代の武将のなかで最も人気があり、リーダーとしての理想像にあるのが織田信長であることを知った。

 井沢も信長が武将では一番と評価。この作品で、本能寺の変を事前に察知し、生き延び謀反者明智光秀を返り討ちにしたということを前提で信長が日本を征服してゆく過程を物語にしている。

 井沢はその過程を3つの視点で描く。
まずは、信長に反旗を翻している各地の武将を配下にしてゆく過程。

 信長はどれだけ強くても、相手の武将を壊滅させない。彼らの手持ちの領地の一部は彼らのものとして認める。壊滅してしまうと、新たな武将を信長の配下から選び治めさせねばならない。これは、領地に住んでいる人たちからみると圧迫であり、反乱の目を残す。だから叛逆できる力は削るが、部分的に武将に領地を残してあげる。

 次は、信長が天皇、公家の地位につく。日本は武士による支配は長く続くが、武士の最高位は征夷大将軍など武家としての最高位、それも天皇により拝命される形態をとってきた。武士が公家の地位を得るということは大逆で絶対してはならないことであったが、信長は公家の中で関白の地位を要求し、実現させる。関白は天皇、その嫡子皇太子より格下だが、次男以下の親王より格上である。

 そして、新たな居城を安土から、大阪にする。大阪に安土城より巨大な城を創り、そこに。幕府を樹立。大阪を日本の拠点とする。

安土や京都は近くに海が無い。大阪は、近くに海、港があり、日本の経済の最も大きな要衝地である。ここで、水運、物流と経済をすべて握り、大阪を日本の首都にして天下を治めることになるのである。

 そして年号も天皇が決めるのではなく、信長が新年号を「太陽」と決定する。
井沢の信長大好きがいっぱい詰まった作品である。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT