FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

開高健 「ロマネ・コンティ・一九三五年」

ニョクマムは、ナンプラーに近い調味料らしい。一つ勉強になりました。
それ以外にも、老舎とかシクロとかググりました。

「玉、砕ける」というタイトルをみたとき、「玉」はサンゴとか真珠とか綺麗なギョクだと思っておりました。
まさか、マッサージででた垢を丸めカチコチにしたものとは。

釣りは全然わからないし、酒については読んでいるだけで肝臓が具合悪くなりそう。
それでも、なんとなく全部読みました。

「(会話は)生湿りの花火みたいなものである。
そのうち口を開こうとして閉じてしまいたくなる。
キラキラ輝く霧に包まれて、脳も腸もぼってりと火照りつつ形を失い、
新しいグラスが来るたびに全身が一本のガラスの螺旋管となったようである」
酔っ払いなんてそんなもんですよね。
熱いものが腸を流れていって、しゃべるのもかったるくて、
どんな酒を飲もうと全部下水に戻っていく。

最近、「ソムリエ」という漫画が一巻無料になっていて、
年を経たワインがただの水に戻っているとか、
乱暴な運搬・保管で劣化させてしまうとか、
そんなエピソードがはいっていました。
あと、澱を避けながら注ぐエピソードも。
古けりゃいいというものでもないし、デリケートな飲み物なんですな。

| 日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT