FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幸田真音   「スケープゴート」(中公文庫)

主人公三崎皓子は51歳東都大学経済学部教授であると同時に新進気鋭のエコノミストで、テレビ番組のコメンテイターでも活躍している。

 戦後ずっと与党として政治を動かしてきた明正党が衆議院選挙で大敗して野党として下野、その結果進志党が政権を奪還、しかし3年半後に進志党が選挙で負け明正党が政権を奪還し、その時、明正党総裁、総理大臣についたのが山城。

 山城は今の安倍首相を彷彿させるが、物語では、政権奪還した時点の年齢が69歳で、かなり安倍首相より年齢が高い。

 皓子に突然総理の山城から面会したいからと電話がはいり、皓子は驚いたが山城に途惑いながら出会う。

 そこで言われたのが金融担当大臣としての入閣を要請される。そこから、皓子の人生が大きく変わり、最後は日本で初めての女性首相に上り詰めるまでを描いた作品である。

 面白いのは、入閣要請の時、最初は断るのだが、最後はすこし考える時間をくれということで、山城と別れる。同意したつもりはないのに、しばらくすると官邸からすぐに官邸にくるようにと電話があり、そのまま金融担当大臣が任命される。

 総理から参院選挙に出馬するよう要請される。選挙区は京都。皓子は京都では問題があり、東京だったら出馬を受諾すると答える。そのまま、総理とは別れる。

 しかし、次に呼ばれたときは、京都出馬は決定していて、選挙参謀、選挙事務所まで決定されている。
 選挙に当選すると、当選祝いをする間もなく、総理に呼び出され、次期組閣で官房長官に任命することを告げられる。無理とか断るとか言う隙がない。

 この手法は何となく今の安倍首相を彷彿とさせる。自分の想いだけで人事を決める。調整という作業は殆ど無い。それに歯向かうようなら、2度と立ち上がれないように排除する。一見、相手の主張を聞くように振舞うが、自分の想いは権力をかさにきて貫く。

 今の日本の借金は1000兆円を超える。少子高齢化が進行し、社会保障制度の維持は誰もが困難と認識しつつある。こんな時にプライマリーバランスを黒字化させるなどということは、とても夢、絵空ごと。

 それで山城総理が国会に上程した法案がびっくり。
年金受給者をインドネシアに移住させる。インドネシアは生活費も安価だから、年金額も半減できる。移住を拒否することもできる。すると、国民保険、介護保険料を倍にする。

 なるほどと思ったり、恐ろしい政策だと私の心も揺れ動く。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 06:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT