FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山田詠美     「賢者の愛」(中公文庫)

山田詠美が谷崎潤一郎の「痴人の愛」に触発され、谷崎に挑んだ、山田版「痴人の愛」。

谷崎の「痴人の愛」では、主人公譲治が、西洋の女性のようになるよう徹底的にナオミを調教しようとするのだが、ナオミのほうが譲治より老獪で、逆に譲治がナオミに翻弄されてしまうが、この作品では、調教、翻弄する側が徹底して直巳を調教し、それがどんな結末を迎えるかをストーリーとしている。

 主人公は裕福な家庭、父親は編集者、母親は医師の一人娘の真由子。その真由子の家の隣に2歳年下の百合が引っ越してくる。そして2人は親友となる。

 この百合がとんでもない女性。高校生のときに、真由子の父と肉体関係を結ぶ。そしてあるときその場面を真由子に見られる。驚き悲観した父親は自殺をする。

 さらに、真由子の恋人だった作家の沢村諒一を奪い、しかも子供まで身ごもる。生まれた男の子、真由子の希望が入れられ直巳と名付けられる。

 ここから、真由子が22歳年下の直巳を徹底的に調教して百合への復讐が始まる。じらす、引き付ける、そっけなくする、あらゆる心理的方法を駆使して直巳を手玉にしてゆく真由子。だけど、真由子と直巳が肉体関係を結んだのはたったの一回。

 それでも、そこに行きつくまでの、調教が山田節によりぞくぞくっとさせる。

しかし、一番恐ろしいのは百合。夫、澤村諒一が結婚しても真由子と関係をしていることに全く動じないどころか、息子直巳もいけにえとして淡々と真由子の前に差し出す。

 物語には百合、直巳との親子関係を示すシーンは全く描かれない。

真由子は直巳を手玉にとることで、百合に復讐をしていると思っているが、百合はその上をゆく怪女。その執念のすさまじさに感服する。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 05:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT