FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

馳星周  「馳星周的W杯観戦記 蹴球戦争」(文春文庫)

韓国が審判を買収したのではというほど疑惑の試合がたくさんあった2002年の日韓共催ワールドカップの観戦記。韓国がベスト4まで勝ち上がり、流石に3位決定戦では疲弊し4位で終わった。優勝は2-0でドイツをブラジルが破りチャンピオンとなった。

 今は、国間だけでなく、人々の間でも日韓関係は最悪状態。元来そういう傾向は強いものだと思ってきたが、この観戦記を読むと、2002年ころは、同じアジア人としてかの国韓国でも、日本と他国の試合では、日本をたくさんの人が応援していた。今では想像がつかない。

 当時(今でもそうだが)、静岡県は清水、磐田とJ1に2チームを持つサッカー王国。ワールドカップとなれば、サッカー王国に試合を誘致せねばということで、私の住んでいる袋井市に静岡エコパスタジアムなる球技場を、後の採算など考えず建設した。

 このエコパで3試合が行われた。その3試合目イングランド対ドイツ戦を馳が観戦している。観戦記は試合より、エコバスタジアムの酷さを書く。

東京から新幹線で2時間弱で掛川に到着。小さな駅は人で埋もれている。2泊分の荷物を持っているのでコインロッカーを探すがどこにもない。(本当に今でも無いのだろうか。今度確かめてみよう)。ボランティアの人に尋ねると、コインロッカーは無いので、民間の手荷物預かり所を使ってくれという。おいおいワールドカップの開催地なんだろう、ここは。(袋井駅にはわずかですが、コインロッカーがあります。)

 シャトルバスは快適だが、バスの停留所からスタディアムまでが、遠い。(そうなんだよね。それもずっと上り坂)。こんな田舎にスタディアムを作って。これはないだろう。エコパは屋根があって合理的だが、サッカーのスタディアムにしては陸上トラックもあって、減点20.私のエコパに対する印象は非常に悪い。

 端的にいえば、こんなところでワールドカップを開催するなよ、ということになる。

うーん。そうか。2年後にはラグビーのワールドカップがエコパで開催することになっている。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 05:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT