FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岸本葉子    「まだまだ、したいことばかり」(中公文庫)

家に帰宅する。新聞や郵便物が届いてみる。今日はどんなニュースがあったのか。ふと目についた封筒の裏にしばらく会っていない名前がある。何かあったのかと思う。注文していた本も届いている。知りたいことが載っているかはやく確かめたい。だけど梱包材が硬くてうまく開梱できない。あせって鋏、鋏と探す。

 まあとにかくコーヒーでも飲んで落ち着いてから。
そうだ、昨日ぬか漬けした大根は食べごろになっているだろうか。その前にお湯を沸かさねば。それより、まずコートを脱いでからだ・・・・・。

 もう、次から次へと、思いがとびまわり。なにからしていいのか混乱をする。岸本さんは次々、関心、好奇心があっちこっちをいつも向いている。

 そんな様子がよくわかるエッセイ集。
こんな自分を岸本さんは肯定的にとらえている。

医者が言う。
「したいことが次々わいてくる人は老いに強い。病気にたいしても。」
だから欲張りの自分は素晴らしいのだと。

 でも、医者のいうことは、家にかえってきて、あれこれ思いめぐらす混乱とは私には少し違うのではと思う。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 05:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT