FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンソロジー 「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」 (幻冬舎文庫)

爺やの感想はこちら
わりとメジャーな人を集めたアンソロジーで、作者名を並べた表紙です。

IMG_8911.jpg

「会心幕張」(宮木あや子)
30代のバンドマンが、ウサ耳帽子が似合う奥ゆかしい理想の女の子を見つけた……思ったら実は男で、カマを掘られてしまい、新しい世界の「スタートライン」に。
「魔コごろし」(万城目学)
神が天から降りてきたとき、海のものが皆恭順を誓う中、ただ一人従わなかったのが「魔コ」。
憤った神に小刀で口を割かれ、今も割けたまま。
「魔コ」へ誤って石を投げ、その皮膚を破いてしまったものは、恐ろしい病気にかかって死んだ。
ある村の若い長が、父親の遺言に従ってこの恐ろしい「魔コ」を槍で突き刺し、食そうとする。

この辺がぶっ飛んだ感じですね。
あとは、父親の再婚・夫の死・初潮・引っ越し・ロックフェス・結婚等、大小さまざまな転機で悩んだり吹っ切れたりという。
爺やがほめた「1620」(三羽省吾)「恋する交差点」(中田永一)や、「ココア」(島本理生)あたりは、読後感がいいです。

IMG_8912.jpg


ちなみに、ナマコを食べたことはありません。たぶん。

| 日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT