FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

彩瀬まる     「骨を彩る」(幻冬舎文庫)

 人間はひとりひとり違う。だから、言葉を懸命に紡いでもわかりあえないこと多い。

 津村は10年前に妻を病気で失う。その妻の夢を最近見るようになる。必ず妻はいつもどこかの指が欠けている。そんな妻と夢の中で懸命に会話をしようとするが、指が欠けているがごとく、何かが欠けていて会話にならない。妻は、あきらめたように「何もわかってくれない」とつぶやく。その何もが何なのか考えようとするのだが少しもわからない。それは妻がわからなかったということ。ぐさりと津村の骨にそのことが刺さる。

 津村の娘、小春は中学校に通っている。葵という子が転校してきて、一緒のバスケット部にはいる。葵はどこかの宗教集団に入信していて、食事の前に必ず十字架を胸のまえできり、何かを唱えてから食事をする。それが、気味悪がられて、誰も一緒に食事をしないし、小春以外は誰も近付かない。

 小春は、その子にどうして十字架をきるのか。祈りの言葉もやめるべきと懸命に忠告する。
それを止めればみんなと仲良くなれるのだから。その思いが少しも葵に届かない。

 小春に彼氏ができる。ある日公園で彼と弁当を食べていると、彼がミニトマトを残す。「トマトが嫌いとわかっているくせに、母さんはミニトマトを弁当にいれる。だから、絶対嫌いなんだ。だからトマトを残すんだ。」と。

 この言葉に小春はショックを受ける。小春には嫌いも好きも思うことができない。母親はすでに死んでいないのだから。
 小春は骨身に沁みる言葉を、葵に言い続ける。彼氏は小春の事情は考えず、母親のことを愚痴り、それが小春の骨に突き刺さる。

 大人になるということは、突き刺さるようなことは言わず、骨の手前の液体で融解してしまうことを覚えることだ。しかし、どんなに融解してもその液体はいつか干上がり骨は残る。

 声には表情をださなくするよう大人はふるまうが、それだけに骨に突き刺さった言葉は、いつまでも重く人生にのしかかる。

 彩瀬さんは、文章の表現が実に広く深い。必ずいつか飛躍することが確信できる作家である。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 06:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT