FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

朝倉かすみ  「恋に焦がれて吉田の上京」(新潮文庫)

 会社に勤めていたとき、部下の事務社員が不足して、緊急募集したときがあった。その募集に女性が応募してきた女性がすごかった。その女性は北海道大学の卒業生でひとめぼれした学生がいたが、何も告白できないまま、学生は卒業して北海道を後にした。思いを伝えられないまま、人生は送りたくないと思い、彼の卒業後の足跡を調べ、群馬、東京を経て、彼がいるという浜松までやってきた。

 まだ出会えていないけど、出会えたら告白して、それで断られたら、気持ちをすっぱり切り替え北海道に帰るのだと言う。もちろん、この告白は採用した後で聞いたことだが。

 更に驚いたのだが、この女性は札幌の名門女子大、藤女子大を卒業していて、ご両親は2人とも学校の先生という堅い職業。更に、彼女を応援するために2人の友達が一緒についてきていた。

 北海道というところはどういうところなのだと不思議に思った。行動力旺盛で、思い描いたことは、やらないでは済まない。その前には絶対あきらめない。とんでもない女性がいるところだと感動した。

 主人公の吉田苑美は、「ささやかなしあわせ」という言葉が大嫌い。「『ささやかなしあわせ』に落ち着くのが一番いいということはわかっている。だが、そこにたどりつくまでに、もうひとあばれしたっていいのではないか。」と強く想い、一目ぼれをした男を追って東京にでてくる。

 北海道の女性はここぞと思うときにはちゃんと口にだして、ストレートに気持ちを伝える。もったいぶって、屋外でぐずぐず駆け引きをしているうちに、真冬の北海道では凍死してしまうから。

 なるほど、だから勇ましい女性が育つのか。

 私のところに勤めた女性は、この作品の苑美と異なり、告白が通じて結婚をし、今浜松で幸せな生活を送っている。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 10:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT