FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

林家たい平   「林家たい平 特選まくら集」(竹書房文庫)

 最近「笑点」をみていてなかなか座布団10枚がでないなあ、日本テレビがけちっているのかと思っていたら、そうではなくて、6枚以上になると上がって座れない落語家がでたからだそうだ。座ってもふらついて崩れおちそうになるからということもある。

 だからなかなか5枚以上には座布団がたまることがない。6枚座布団があって、回答をすると、司会者にめくばせをして「いらない、いらない」と合図を送るそうだ。

 それで、たい平がアイデアをだす。「介護ベッド大喜利」にしたらどうかと。ちょっと顔がうまく撮影できないことが難なのだが。

 回答者が回答する。司会者のところに、着物の色のボタンがある。良い答えだと、司会者がボタンを押す。押したボタンの色の着物をきている回答者のベッドが一段あがる。

 このアイデアは即却下になったらしい。

 今の子どもは想像力というのがあまりできなくなったらしい。
たい平が高座で、手ぬぐいを使って懸命に焼き芋を食べている演技をした後、
 「さて今私は何をしていたでしょうか?」
と訊ねたら、前に座っていた子が言った。
 「タオルを食べてた」と。
たい平は大きなショックを受けた。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 09:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT