FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中園ミホ 古林実夏 「ゴーストもういちど抱きしめたい」(集英社文庫)

 松嶋菜々子と韓流スター ホン・スンホンにより映画化された作品のノベライズ版。

 びょんなことから、通販会社の女性社長七海と陶芸作家をめざす韓国人留学生ジュノが運命的出会いをして恋に陥る。

 ジュノの部屋で、2人だけの結婚式をあげ、幸せいっぱいの生活を送るはずだったのだが、七海が帰宅途中に歩道に乗り上げたバイクに追突され、そのまま死んでしまい、ゴーストとなってよみがえる。このとき、七海のバッグがバイクの運転手によって奪われる。

 ここから、この作品の読みどころが始まる。

 七海には通販会社を一緒に立ち上げ苦労を共にしてきた未春という親友がいる。実はこの未春が、会社の金を使い為替操作などで失敗して会社に大きな穴をあける。このことをチンピラである黒田に知られ、黒田が経営している会社に3億円を振り込むよう脅迫される。

 一億円以上の支払いは社長である七海の決済がいる。バッグを奪ったのは、七海の部屋の鍵を奪い、七海の部屋(ジュノの部屋)から、七海の会社のパソコンのパスワードを書いた紙を奪うため。

 そのことをゴーストになった七海は、チンピラ黒田の部屋に忍び込み、未春と黒田の会話から知る。ところがゴーストのため、ジュノや警察に知らせる術がない。

 このままだと、黒田と未春がまたジュノのところへやってきて、ジュノを襲い、パスワードの紙を奪いにくる。愛するジュノが危ない。どうしたら、この危険をジュノに伝えられるか。切迫感が読者にせまる。

 でも、こういう類のストーリーはどこにでもあり、定番化されている。古典的だけど、その安定感で読ませる。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 16:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT