FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小路幸也    「旅者の歌 始まりの地」(幻冬舎文庫)

 ファンタジー小説。この作品「始まりの地」となっているから、この本だけでは物語は簡潔していないことを読み終わってわかった。

 シフィル。大地に星がぶつかりくぼ地になった場所。そのため周りが高地になり、山々に囲まれ、どこからも侵入されないところ。

 主人公ニィマールは14歳。すでに幼馴染、同い年のジェイラが許嫁になっている。どちらも好意を互いに持っているので結婚については問題ない状態。ニィマールの兄トゥールは21歳。トゥールには双子の姉ティアラがいる。

 シフィルでは、7歳、14歳、21歳の誕生日の前日、試しの檻にはいり、誕生日の午前零時に、そのまま人間でいれば、人間が続けられるが、檻のなかで野獣に変わると、野獣となって、山に向かわねばならないということになっている。

 ニィマールは野獣にはならなかったが、許嫁のジェイラは猫に、トゥールは馬に、ティアラは鷹に変わってしまっていた。3人は動物になったが、姿は動物でも魂は人間のまま。こういう状態になった生き物を「離者」という。シフィルの伝説では、はるか山の向こうに「離者の地」というところがあり、ここに到達できれば、動物から人間に返ることができると言われているが、誰も「離者の地」をみたことはない。

 この「離者の地」へは、「リョシャ」という人に導かれて行かないと、人間には返れない。
 そしてニィマールが「リョシャ」になり3人とともに、「離者の地」を目指し旅にでる。

 当然、物語は行く先々で、猛獣がでてきたり、凍結している山で極寒に襲われ、ピンチピンチを脱出する手に汗握る展開になると想像していたが、「始まりの地」編ではそんなことはなく、山は知らないうちに越え、アルワンという一族の集落に行きつき彼らの支援により、次の段階に淡々と静かに進んでゆく。最後にライオン2頭に会うが、このライオンは、もともと野獣だったが、人間の魂をいれられたライオン。このライオンも一緒に「離者の地」へ向かうところで話は終わる。

 何か冒険ファンタジーというより、人間の魂とは何か、どうして争いが行われるのかを問うているような物語になっている。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 16:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT