FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

川上未映子 「世界クッキー」

爺やの感想はこちら
この、エレベーターの中でお尻を見せて甥っ子たちを喜ばせていたら、「エレベーターの中身、下で待ってる人んとこで、でっかくモニターされてんねんけど、液晶で」という話は、インパクトがあります。
子供たちが無邪気に、「みえこーお尻やって! みんなに見せたげて!」とはやし立てるのもいいですね。

IMG_8772.jpg

私は、ケツを見られた経験はありません。
高校帰りに本屋で漫画(エロい系)を立ち読んでいて学年トップの才女に挨拶されたり、歌いながら会社の駐車場で車から降りたら隣の車からも人が出てきたところだったり、同じく歌いながら玄関の扉を開けたら前の道を人が歩いていたり、やっぱり歌いながらトイレに入ったら2つある個室の1つに先客がいたり、そんなものですね。
学校のトイレの個室で大をしていて、後から入ってきた人々が「なんか臭くない?」「うん」……それはちょっと違うか。
ケツよりはまし。

IMG_8774.jpg

他にウケた話というと、「うるおい至上主義」ですね。
乾燥は肌の敵! しわの敵! と思い定めた作者が、一日中加湿器をフル稼働し、保湿クリームを塗った結果。
「この部屋なんか梅雨みたい。じめじめしてる。本が全部波打ってる。床が濡れてる。それにあんた、顔が油田みたいになってるよ。てらてらしてて、すごくこわい」
と友達に言われたそうです。

面白い感覚の持ち主です。
夢を激しく毎晩見るので疲れてしまうからと、ベッドの頭側の壁に白いカンバスをかけ、夢が出て行ってくれることを願う。
言葉が指先からほろほろこぼれていきそうだから、濃い色のマニキュアを塗ってせき止める。
うーむ。
何かの流れが見えるんでしょうね、きっと。

| 日記 | 12:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT