FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

樋口卓治    「ボクの妻と結婚してください」(講談社文庫)

 これは小説というより、今風のテレビドラマの脚本という趣だ。多分、ドラマ化もされたのじゃないかと思う。

 売れっ子放送作家の修治がすい臓がんで余命6か月と宣告される。そこで修治はとんでもない企画を考え実行しようとする。生きている6か月の間に、妻に相応しい再婚相手をみつけてやることが実行することだ。

 そこで自分が培ってきた人脈をふるに使い、婚活リサーチ会社の社長に頼み、妻にふさわしい男性を探してもらう。正直、そんな話、妻が承知するわけがない。妻は懸命に入院をすすめ、少しでも病気を治癒させようとするのが常識。また、こんな変な話にのってくる男性がいることもあり得ないし。

 ところが、リサーチ会社でふさわしい相手を探してくれて、お見合いをし、結婚してもいいと相手の男性が言い出す。

 このまま、上手く結婚できるのも変だし、さりとて結婚が壊れるのもありきたりと思って読み進めたら、少し変化球の終末が用意されていた。

 それにしても放送作家というのは、常に面白いことを考えてようとして、何かヒントになりそうなことがあればしょっちゅうメモをする。
そんな中から、ひとつ。
 「太っているドイツ人。ジャーマンポテット」

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 16:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT