FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今野敏    「ICON」(講談社文庫)

 私のような時代遅れの人間には先ごろ起きたアイドル殺人事件というのが全く理解できなかった。富田真由さんというアイドルがライブハウスで切り付けられたという事件である。

 私の世代の人間が知っているアイドルというのは、テレビ、映画に活躍していて、誰でも知っている人だった。しかし富田真由さんというアイドルは知らなかった。そもそも、私たちが理解しているアイドルからはかけ離れている。ごく一部の熱狂的なマニアックの人たちしか知らない存在、その人をアイドルと呼ぶ。サブカルにカテゴライズされる人である。

 この作品も、パソコン通信で熱狂的なマニアが燃え上がる、有森恵美という名のアイドルが事件の鍵を握る。熱狂的ファンを集めて、ライブハウスなどで、「有森恵美コンサート」が行われる。これが不思議なのだが、有森本人が登場したことがないのである。有森公認という「アリモリ ファミリー」「アリモリ サポート バンド」が演奏するだけ。この2つのバンドが有森公認というだけで、CDがそこそこ売れるのである。

 今世界には、サブカルであるアイドルマニアが存在していて、いるかいないかわからないバーチャルの世界でアイドルを作り出しているのである。

 この作品では2つの殺人事件が起きるが、事件の鍵となるのは、バーチャルのアイドル有森恵美が実在するかどうかであった。

 こんなことはパソコン世界では当たり前なのだろうが、全く疎い私には面白く新鮮だった。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 16:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT