FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

読んだら忘れない読書術

読み終えてからしばらくたつのですが、記事にしていなかったので。

IMG_8748.jpg

同時並行だったんです。
で、左の本で、「知りたい部分を先に読んでしまう『ワープ読書術』」なんて部分がありまして、右の本がなかなか読み進められなかったこともあり、最後どうなるか確認してしまった……と。
「ワープ読書術」は、一字一句読むのが億劫な実用書にしか使っちゃいけませんな。
救いのない終わりだと知った後で、小説を序盤から読めるほど、私は本好きじゃない。
まさか映画「うなぎ」もこういう終わりなのか? とググったら、そっちは明るい終わり方らしい。

読書術の本は、なかなか面白かったです。
ドグラ・マグラを読んで精神科医になったとか、グイン・サーガで読書の喜びに目覚めたとか、村上春樹の本に書き込みしまくって「借りたけど、これじゃ気が散って読めない」と奥さんに怒られたとか、体験談もいろいろ。
実際に役立つかというと、なりたい自分や知りたいことがはっきりしている人にはいいかもしれません。
糧とするために読むという意識がそもそもない人には、「2日で読み切ると目標を設定」「通勤時間が●分なら、週に△冊は読める計算」「読み終えたらすぐ次に行けるよう、電子書籍を持ち歩いて」といった話は窮屈に感じるだけでしょう。
読書って、そんなに追い立てられてするものなんだろうか(^▽^;)

スマホでだらだらゲームやらメールチェックやらするよりは、なんか得というか高尚というか、聞こえがいい気がする。
いきなり固い本に挑戦するより、入門書から読むのがいいというのはもっともです。
最後に紹介されている本の中では、スティーヴン・キングの「書くことについて」が面白そうでした。

| 日記 | 22:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT