FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今野敏    「初陣」(新潮文庫)

 この小説は、2人の全く異なった人生観を持つキャリア警察官僚を鮮やかに対比させた物語になっている。

 一人は主人公である、東京警視庁刑事部長の伊丹。もう一人は警察庁長官官房総務課長の竜崎。
 伊丹は私立大出。警察官僚は東大出で占められる。だから伊丹は自分の限界は認識しているつもりだが、それでも警察庁勤めに昇りつめたい気持ちは強い。一方竜崎は、東大出の警察官僚、長官になることも夢ではない位置にいる。

 この竜崎が、息子の不祥事で責任をとらされ、大森警察署の署長に降格される。形として伊丹の下になる。

 伊丹は誰とでも人間関係をよくすることを信条としている。特に部下には受けがよい上司として思われるよう心を砕く。部下によく思われるため、徹底して現場主義を貫く。殺人事件があると、刑事部長自ら現場に足を運び、状況把握に努めようとする。

 しかし、組織というもの常に八方丸く収まるようにはならない。結果、伊丹は優柔不断で決断できないことが多く、いつも問題に対してふらつく。そんな時、必ず竜崎に電話してどうしたらよいか助言をもらう。

 竜崎は、相手がだれであれ、状況がどうであれ、原理原則を貫く。そして徹底的合理主義を信条とする。伊丹のふらつく状態に対し、何を悩んでいる。こうしろ。常に明解。そして、竜崎の言うようにすると、すべてが解決する。

 殺人事件が起きると、当たり前のように捜査本部が設置され、近辺の幾つかの署から刑事が集められる。竜崎は、こんなやり方はだめと事件が起きても捜査本部を設置しない。数十人の刑事を集め、本部長が意味の無い訓示をする。その間事件は動いているのだから、捜査をどんどんすすめればよい。捜査を終了してわざわざ刑事が捜査本部に夜集まって情報交換と捜査方針を確認する。こんなことは全く無駄と思っている。警視庁内ネットワークを使い、情報など発信、受信、公開は常にし、すべての刑事が見られるようすればよい。捜査方針は、署長なりが状況進捗を把握し、刑事の携帯に指示すればよい。いちいち毎日集まる無駄なことはするべきではない。

 この考えが、チームワークと現場重視の伊丹とぶつかる。

 優柔不断な伊丹より、竜崎に魅力を感じる私がいる。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 18:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT