fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

有栖川有栖    「幽霊刑事」(講談社文庫)

 今まで読んだ有栖川作品の中では一番面白かった。

 物語の設定が奇抜だ。主人公の神崎刑事が結婚直前に経堂という上司の刑事に拳銃で撃たれ殺される。殺された神崎刑事は、幽霊となって現実世界を彷徨う。その幽霊の姿が見え、会話できるのが早川というお母さんがイタコをしている平刑事。

 犯人は誰か、神崎はもちろん早川もわかっていて、捜査の行方をみる。見当はずれの捜査や、経堂に行きつかない捜査をみていらいらする。ここが何とかせいと思わず叫んでしまうほど読んでいて愉しい。

 有栖川の得意な叙述トリックも他作品に比べ、少なく、物語にうまく溶け込んでいる。また、交換殺人トリックもわかりやすく、無理なくよくできている。

 今話題の清原が麻薬中毒に陥ったのは、身に付いた贅沢だらけの生活を、お金がなくなってきても、生活レベルを落とせないところからきているのではと私は思っているので、経堂の贅沢生活をやめたくないという殺人動機も納得できた。
 更に最後の事件が解決して神崎がこの世から消失してゆく場面でのフィアンセで同じ刑事である須磨子との情感のこもったやりとりもよかった。

 推理よりもまず、人間の物語があったことが作品を成功に導いている。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 21:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT