FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

西加奈子    「ごはんぐるり」(文春文庫)

 西さんもこのエッセイで書いているが、やっぱし古今東西の料理レシピ集で読んでズシンとくるのは、あの無頼派で一世を風靡し、料理名人でもある作家壇一雄が書いた「檀流クッキング」である。レシピ本だから当然レシピが書かれているのだが、それが単なる料理法の羅列でなく、根性と力、人生観がこもっているのである。

 「パンを両面ともこげ目がつくくらいによく焼いて、あげくの果てに、チーズを重ねて、蒸し焼きにしてみよう。」

 料理本では絶対におめにかかれない、「あげくの果て」には。料理が何となく決闘試合のような雰囲気になる。

 やっぱし文学の才人は違うものだと感心していたら、西さんも壇に負けず劣らず偉人だと思ったところにぶつかった。
 真面目に原稿にとんでもなく集中しているときがある。そんな時、脳味噌が、ぐるん、と、後ろに「回る」ときがあるそうだ。これはなんとも想像がつかない、とんでもない感覚だ。

 きっとこの「ぐるん」から生まれた小説は傑作なのだろう。
今度新刊本の宣伝帯に、「ぐるん」とこの小説は脳味噌が回ったとそれだけでいいから書いておいてほしい。絶対に買って読むので。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 06:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT