FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雫井侑介   「白銀を踏み荒らせ」(幻冬舎文庫)

雫井侑介   「白銀を踏み荒らせ」(幻冬舎文庫)
AIIB、中国主導のアジアインフラ開発銀行について世界はがやついている。
今まではアメリカ主導の世界開発銀行がインフラ投資で世界をリードしてきた。それはとりもなおさず、膨大な資金が、アジアを始めとした国々のインフラ事業に開発銀行を通して投資がされ、その投資したお金のなにがしかがアメリカ権力や企業に還流していたことを意味していた。今回のAIIBは、その利権構造をアメリカから中国へ移すというグローバルでみたら大変な変革である。
 オリンピック、サッカー、スキーはヨーロッパ権力者の利権のために存在している。IOCの幹部は、超一流ホテルのスイートルームを占拠し住居にしていると新聞で読んだことがある。
 この作品はスキーの世界での権力の闇を扱っている。なかなか面白いが、もう少し中味を突っ込んでほしかった。単に、白人社会の占有スポーツであるスキーで有色人種が金メダルや他のメダルを獲得するようになったことに憤りを覚えるワスプの闇の結社が、有色人種の登場する場面で、そのレースを妨害するだけでは、動機が通り一遍で、納得感が薄い。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT